König der Meister 渋谷 靴修理

レディース修理

Gianvito Rossi’s pumps CASALI’s SILK ハーフソール!!

お晩です。

 

女性物の修理例をインスタグラムにアップ致しました。

ジャンヴィトロッシのパンプスにシルクハーフソールをお貼り致しました。

是非下記のリンクから飛んで頂き、いいね、フォローして頂ければ幸いです。

 

よろしくお願い致します。

 

ケーニッヒ・デア・マイスターのインスタグラム

 

2018年10月27日 (土曜日) 23:03:49 by IdeeK

Pierre Hardy’s ankle strap mule CASALI’s MIRROR ハーフソール!!

お晩です。

 

女性物の修理例をインスタグラムにアップ致しました。

ピエールアルディのアンクルストラップミュールにミラーハーフソールをお貼り致しました。

是非下記のリンクから飛んで頂き、いいね、フォローして頂ければ幸いです。

 

よろしくお願い致します。

 

 

ケーニッヒ・デア・マイスターのインスタグラム

2018年10月20日 (土曜日) 22:33:56 by IdeeK

Manolo Blahnik’s HANGISI FLAT CASALI’s SILK ハーフソール!!

お晩です。

 

女性物の修理例をインスタグラムにアップ致しました。

マノロブラニク・ハンギシのフラットシューズにシルクハーフソールをお貼り致しました。

是非下記のリンクから飛んで頂き、いいね、フォローして頂ければ幸いです。

 

よろしくお願い致します。

 

ケーニッヒ・デア・マイスターのインスタグラム

2018年10月10日 (水曜日) 22:33:01 by IdeeK

Christian Louboutin’s espadrille 赤色ハーフソール!!

お晩です。

女性物の修理例をインスタグラムにアップ致しました。

クリスチャンルブタンのエスパドリーユにハーフソールをお貼りしました。

是非下記のリンクから飛んで頂き、いいね、フォローをして頂ければ幸いです。

 

よろしくお願い致します。

ケーニッヒ・デア・マイスターのインスタグラム

 

 

2018年07月28日 (土曜日) 20:48:13 by IdeeK

HERMES スエードギリーパンプス ハーフソール&リフト交換

おばんです。

 

本日はなかなか荒れた空模様でしたね〜

関東地方では最大瞬間風速が18mという、非常に強い風が吹き、

激しい雨なんかが降ってましたからね〜

 

そんなお足下の悪い中ご来店頂いたお客様、

本当にありがとうございます。

無事にお帰りになられた事を信じて。。

 

皆様は大丈夫でしたかね?

こんな日に限って足下にお気に入りの一足をなんて方がいましたら、

是非とも早めに靴から水分を取り除くようにして下さい。

それでも染みや色落ち等が見られてしまった場合は、

是非とも早めにご相談頂ければと思います。

 

こんな話をしておきながら、本日ご紹介するのは,

水洗いやクリーニングでなく、こちらの修理(笑)

 

これが、                    こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、HERMESのスエードギリーパンプスです。

ちょっと古い型になるのですかね?

現行にあるギリーパンプスに比べても、少しマニッシュな仕様ですね。

しかしながら、この色のスエードをコンビネーションで合わせたり、

紐先タッセルのデティール等、さすがHERMESだなーと関心するところが山盛りです!!

 

 

 

 

 

 

 

Vibramエクスプロージョン柄ハーフソール&リフト交換のお修理でしたが、

今回特に注意して頂きたい点は2点です。

 

まずはリフト交換のお修理!!

踵部分に寄っている写真に注目して頂きたいのですが、

もともとついていたリフトは革とゴムがコンビになっているものでした。

しかもかなり薄いものですね。恐らく3mm位しかないリフトになります。

 

今回お選び頂いたvibramエクスプロージョン柄のリフトは7mm位の厚みがあるものです。

この場合はオリジナルのヒールハイト(高さ)になるよう、

リフトを外した後、ヒールを削り合わせます。

今回の場合は4mm位ヒールを削って、調整致しました。

 

仕上がり的にはゴムの見える部分が増えますが、

耐久性とクッション性は向上致しました。

勿論元々の仕様でもお直しは可能ですが、今回はオリジナルの見た目よりも、

機能を優先したお修理となりました!!

 

次に注目して頂きたいのはつま先部分!!

既に履かれたお靴でしたので、本底が削れてしまい、

ウエルトに達する一歩手前という状態でした。

 

そのため元の高さに戻るよう、革をアタッチします。

その後ハーフソールを貼る事により、

つま先の厚みも元通りです。

インクとロウを屈指し、なるべくアタッチ部分が目立たないよう加工します。

いかがでしょうかね??

 

勿論いつも通りハーフソールと本底の切り返し面もスムースになるように加工です!!

 

 

 

 

 

 

 

お修理にはなるべくオリジナルに近づけるものから、機能を優先するもの、

カスタムを施し、新たなイメージに一新するものまで様々です。

 

是非ともお客様のご要望をお聞かせ下さい。

可能な限りイメージに近いお修理方法をご提案して参ります!!

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

 

よろしくお願い致します!!

 

 

 

 

 

2014年03月14日 (金曜日) 01:21:29 by IdeeK

SARTOREブーツ vibramハーフソール修理!!

おばんです。

 

あっという間に2013年10月も最後の週末となりました。

2013年も残すところ2ヶ月となりましたが、

皆様やり残した事はございませんか??

今の内に今年目標にしていたことを思い出してみてはいかがでしょうか?

まだ間に合うかもしれませんよ(笑)

 

そういう私は、何を目標に掲げたかさえ思い出せない状態ですから。。

ブログの記事を読み返してみましたが。。。。

。。。。。。。。。。

 

っさ!!気を取り直して!!

 

ケーニッヒ・デア・マイスター吉祥寺店も、

オープンから2ヶ月が経とうとしております。

気候も秋冬モードになって参りまして、

朝晩の空気ががひんやりしてきましたね。

皆様の足下も段々ブーツに変わって来ていらっしゃるのではないでしょうか?

 

ケーニッヒ・デア・マイスターでもブーツのお修理が増えてきております。

 

ですので、本日はこちらのお修理をご紹介!!

 

こちらが、                こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのは、SARTOREブーツのハーフソール修理になります。

 

SARTOREはフランスのシューズブランドになります。

とてもスタイリッシュなデザインのお靴を多く生み出しているブランドで、

特に乗馬ブーツは有名ですね。

弊社でもよくお修理させて頂くのですが、

やはりアッパーに使われている革は目を引きますね〜

うーん。綺麗です!!

 

今回は前底半分にゴムを貼る、

ハーフソール修理をご紹介です。

前回、ルブタンのお靴でもご紹介致しましたが、

今回はvibramのラインハーフソールを使用しました。

 

こちらのソールはライン状に溝が切ってありまして、

グリップ力にも優れたものになります。

vibramのロゴマークやラインのデザインが気にならないお客様には、

お薦めしているソールの一つです。

 

ソールの種類が変わっても勿論、なるべく雰囲気を変えず、

機能を向上させられればと思ってお修理しております。

 

今回は新品のお靴にハーフソールを貼ったため、

コバ周りの削りも十分に注意しながら、仕上げました!!

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか??

 

新品のお靴ををお買い上げ頂いた際には、

アッパーのメインテナンスから、底周りのお修理まで、

是非ケーニッヒ・デア・マイスターにご相談下さい!!

 

渋谷、吉祥寺、どちらの店舗でも皆様のご来店をお待ちしております!!

*吉祥寺店はアトレ吉祥寺、デフリシュール店内併設ショップになります!!

 

アトレ吉祥寺

本館1階 2番街

デフリシュール(セレクトショップ内に工房が設置されております)

〒180-0003

東京都武蔵野市吉祥寺南町1−1−24

アトレ吉祥寺14040

デフリシュールアトレ吉祥寺店内

TEL:0422-22-1484

 

 

よろしくお願い致します!!

2013年10月27日 (日曜日) 19:25:38 by IdeeK

Christian Louboutin 赤色ハーフソール!!

お晩です。

 

春めいて来ましたと、前回の更新でお伝えし。。

既に春は過ぎ、梅雨入りする時期となってしまいました。

 

お修理で頂く靴もブーツから短靴、サンダルへと言いたいところのですが、

皆様しっかりと考えて頂いているようで。

ブーツ等の冬物をしまう前にメインテナンス、

クリーニングに持ち込まれるお客様も沢山いらっしゃいます。

 

これからの日本は湿気が多い時期になります。

冬の間に履いた大切なお靴をしまわれる前に、

是非一度ご相談頂ければと思います。

 

と、ここまで書いておきながら、

やはり時期的にはこうしたお靴を紹介したいですね(笑)

 

とある5月の一日。。。

 

 

 

 

 

 

ラックの上にはずらっと並んだお靴達。

真っ赤な”お鼻”ではなく”ソール”お靴といえば。。。

 

そうです。

 

こちらのお靴が、             このように!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様ご存知のChristian Loubouinにハーフソールを貼る修理をご紹介です。

 

最近のパンプスやミュール、サンダル等の底は、

本当に薄く仕上げられております。

そのため数回履いただけでつま先が削れてしまった、

なんて経験をお持ちの方も少なくないかと。

 

そこで新品でお履きになる前に、ハーフソールを貼って、

底面を保護される方も沢山いらっしゃいます。

弊社としてもよりお靴を長くお楽しみ頂くために、

お薦めする修理の一つです。

 

ハーフソールをお貼りする時に弊社では幾つか気をつけている点があります。

上記にある写真の左右を比べてみて頂きたいのですが。

つま先からのお写真以外では、

そんなに違いが無いように見えますでしょうか?

 

勿論素材が元の革からゴムをお貼りしているので違うのですが、

それでもなるべく元の形を変えないよう、

華奢なお靴の雰囲気を変えないよう、注意してお貼りしております。

 

それは最後の写真で見て頂ければ分かるように、

革とゴムの境目にも、段差が出ないようにお貼りしているのです。

 

せっかく華奢に美しく作られたお靴ですから、

ただ色だけ赤のソールを使用するだけでなく、

なるべく雰囲気を変えずに、機能性を向上させられればいいなと、

日々努力しております。

 

赤以外にもグレーや青等幾つかソールのお色もご用意しております。

是非とも一度弊社のハーフソール修理をお試し頂ければと思います!!

 

しかしながら、デザインとは過激かつ刺激的なものですね。。

 

 

 

 

2013年05月31日 (金曜日) 21:01:33 by IdeeK

TRICKER’S祭り!!Ladies Country Boots オールソール!

お晩です。

 

まだまだ暑い日が続きますね。。

残暑。。。なんと厳しい言葉なんでしょうか?

残暑。。。字画から辛さが湧き出ているような??

残暑。。。ふぅ。。。

 

こうして書いているととてつもない相手に思えてきます。。

 

残暑。。。

 

 

と、出だしからこれでは、読む気も失せてしまいますね(笑)

それでも最近は帰り道のBGMが蝉の鳴き声から、

秋の虫の合唱に変わって参りました!!

ブーツの季節もすぐそこまでやってきているはずです!!

はい!!

 

そんな秋近づく本日と言えば、リンゴが中心ですかね?

リンゴですよ。リンゴ!!Der Apfelです!!

はい。Appleです(笑)

 

いよいよアップル社が発表した新型i-phone、i-phone5の話で持ち切りでしたね。

実は私もi-phoneユーザーでして、この話には興味は持っていましたが。。

実際i-phone4ですら使いこなせてない私。。

何が変わってもあまり理解出来ていないかもしれません(笑)

 

それでもこのりんごの発表で経済が動くのですから、

すごい事です。

発表の内容次第で株価が変動するとまで言われている力ですから。

りんごの力は偉大です!!

 

そんなリンゴの季節にご紹介するお靴はこちらです。

 

 

これが、                      こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tricker’sのLadies CountryBootsをオールソールしました。

 

Tricker’sのLadiesをお直しする事が、最近多い気がしますね。

男性物とともに人気が高いのでしょうね。

しかも、女性物はかなりかわいい感じです。

ラウンド感もサイズが小さいため、より強調されますし。

うん。いい感じです!!

 

今回はレザーでソールを交換致しました。

前回紹介した、

http://www.konigdermeister.com/archives/1510

とは違い、ベルギーレザーを使ってオールソールです。

なかなか仕上げをしてしまったソールでは違いを見るのは難しいですが。

実際に履いて頂いたりすると、違いを実感して頂き易いかと思います。

 

また前回と違い今回のコバの仕上げは、染料ベースのインキ&ロウ仕様です。

こちらは明らかに光沢がありますので、分かり易い違いかと思います。

こちらの仕様の方が、底周りが引き締まって見えますね。

カチッとした服装に合わせて頂き安いかと思います。

 

コバの仕様だけを変更する事も可能ですので、

そういったご要望をお持ちの方もご相談頂ければと思います。

 

 

 

 

 

2012年09月13日 (木曜日) 21:08:02 by IdeeK

JIMMY CHOOだって水洗い!!

お晩です。

 

ここ最近の天気が気になります。

 

つい数分前まで晴れていた空が突然暗くなったかと思えば、

次の瞬間には大粒の雨が。。

なんてお天気が当たり前のようになってきていませんか?

 

去年までは、ラジオ放送で”積乱雲の接近にご注意下さい”

なんて注意を聞いた事がありませんでした。

やっぱり気候はかなり早いスピードで変化してきているんでしょうね。

 

東京も亜熱帯ジャングル、なんて日が来るんでしょうかねえ。。。

 

こうした天気は勿論気になりますが、

突然の雨で気になるのは、やはり足下ですよね!!

最近はOOだって水洗いシリーズが私の中で流行っておりまして(笑)

本日も突然の雨にうたれたこの子をご紹介!!

 

これが、                      こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のOOはJIMMY CHOOのパンプスです!!

 

こちらのお靴も突然の雨にうたれてしまい、

輪染みが出来てしまっておりました。

 

ほんの少し濡れただけと思われていても、

革に雨が染み込んだ後に乾いた状態で、白い粉が吹いてしまいますと、

汚れ落としだけでは綺麗に除去出来ません。

しっかり革に水を含ませて、中から綺麗にするイメージで汚れを落とします。

 

やはり女性物の革は、薄く繊細に出来ているため、

ワークブーツのように、ゴシゴシとは洗えません。

ワークブーツが身体を洗っているようであれば、

パンプスを洗うのは、さながら洗顔しているようなものでしょうか。

 

革に水を含ませ、良く泡立てたサドルソープで丁寧に洗います。

スポンジのより目の細かいもの、

柔らかいものを使用すると革にも傷がつき難いかと思います。

 

そうしてしっかり乾燥させて、その後潤いと艶を与えていくと。。

このように!!

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の左の写真は底の方から白い粉と染みが目立ちます。

また革が硬化してしまっていて、かなりカチカチなイメージです。

それを水洗いした右の写真を見て頂けると、革に潤いが戻り、

ふっくら、艶やかな革に仕上がっているのがお分かり頂けると思います。

 

今回は水洗いに加えてハーフソールを貼って頂きました。

つま先の摩耗が激しかったため、つま先部は革をアタッチして補強しました。

やはりつなぎ目は、段差がないよう仕上げないとですよね!!

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じに!!

 

これでまたしっかり大地を踏みしめて頂けると思います!!

 

これからの時期は湿気も多くなり、雨の日も多くなります。

少しでも足下を守れるよう、防水スプレー等の簡単ケアを心掛けてみて下さい。

それでもお困りの場合は、是非とも弊社にご相談頂ければと思います。

 

 

2012年05月28日 (月曜日) 21:36:56 by IdeeK

CELINEスエードブーツだって水洗い!!

お晩です。

 

最近の天気は本当に落ち着きませんね・・

4月の後半であるにも関わらず、3月前半の気温しかなかったり、

そう思っていると突然夏日になってみたり。

 

本当のどんな服装をしていいやら。

ここ数年、同じ事を申し上げておりますが、

本当に春がなく、冬から夏への移行が年々早まっている気がしてなりません。

 

そして気温とともに、最近は天候も変わりやすい気がします。

うーん。

亜熱帯・・・?!?

本日もまた夕方からざっと雨が降りましたよね。。

 

そんな突然の雨にうたれて、

 

こんなになってしまった靴でも、大丈夫です!!

 

 

これが、                 こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日ご紹介する修理靴は、CELINEのスエードブーツです。

 

雨に濡れてしまったまま、下駄箱にしまわれてしまっていたそうで、

革もカピカピになってしまっておりました。

雨の中歩かれたようで、底の部分から水で吸い上げられた汚れが、

つま先から靴の側面に向かって目立つようです。

 

今回はブーツを丸ごと水洗い致しました。

まずはしっかりアッパーに水分を含ませます。

そして表面についている汚れを取り除きます。

 

その後、スエード用のシャンプー(溶剤)で、

しっかり泡立つようアパーを洗っていきます。

ここで革の中に浸透した汚れまでもとるよう、

入念に泡立てます!!

 

最後に溶剤が革に残らないように、しっかりと濯ぎます。

 

洗う行程はここまでですが、ここからも重要な行程が続きます。

 

水で濯ぎ終えた靴を今度は乾かしていきます。

ここで重要なのはしっかりと水分を抜く事と、

型くずれしないよう注意する事です。

 

靴に合うシューツリーがあれば良いのですが、

そうしたものがない場合は、形が整えられるよう、

新聞紙をしっかり靴の中に詰めます。

その状態でアッパーをタオル等でたたき、水分をとります。

 

ある程度時間がたつと、中の新聞紙にも湿り気がでてきます。

そうなった場合は新たな新聞紙を詰め、またタオルで乾かします。

これを繰り返す事で、内外両側からなるべく早く水分を抜きます。

 

ある程度乾かす事が出来ましたら、

新たな新聞紙を内側に詰めて形を整えます。

そして、風通しの良い、日陰で乾燥させます。

この状態になっても、数時間に一度内側の新聞紙の湿り気を確認して下さい。

こうする事でカビが生える事を防ぎ、早く靴を乾燥させられます。

 

雨に濡れてしまった靴を乾燥させるのも、

ここまでの方法を参考にして頂ければと思います。

 

最後の行程は、しっかり乾燥した靴を染色、保湿、防水します。

 

水洗いをしますと、革から染料がでて、色褪せてしまいます。

その分の色を染料を使用し、補います。

その後、起毛革用のスプレーで栄養分を補給し、柔軟性を与えます。

こうする事で乾いた後のカサついた毛並みを、しっとりさせられます。

最後に防水スプレーを拭く事で、撥水性能を与えます。

 

市販のスエードスプレーで、補色、栄養補給、撥水機能を与える事も出来ますが、

弊社では、それぞれに適した別個の溶剤を使用しております。

 

毛並み、形共にかなり良い状態に戻せたと思います。

 

大切なお靴が水浸しに・・・

なんてお困りのお客様は、是非とも一度ご相談下さい!!

 

それにしても、春めいた日々が続かないかなあ〜

 

2012年04月25日 (水曜日) 23:05:15 by IdeeK


ページトップへ戻る