König der Meister 渋谷 靴修理

Tricker’s

TRICKER’S祭り!!Ladies Country Boots オールソール!

お晩です。

 

まだまだ暑い日が続きますね。。

残暑。。。なんと厳しい言葉なんでしょうか?

残暑。。。字画から辛さが湧き出ているような??

残暑。。。ふぅ。。。

 

こうして書いているととてつもない相手に思えてきます。。

 

残暑。。。

 

 

と、出だしからこれでは、読む気も失せてしまいますね(笑)

それでも最近は帰り道のBGMが蝉の鳴き声から、

秋の虫の合唱に変わって参りました!!

ブーツの季節もすぐそこまでやってきているはずです!!

はい!!

 

そんな秋近づく本日と言えば、リンゴが中心ですかね?

リンゴですよ。リンゴ!!Der Apfelです!!

はい。Appleです(笑)

 

いよいよアップル社が発表した新型i-phone、i-phone5の話で持ち切りでしたね。

実は私もi-phoneユーザーでして、この話には興味は持っていましたが。。

実際i-phone4ですら使いこなせてない私。。

何が変わってもあまり理解出来ていないかもしれません(笑)

 

それでもこのりんごの発表で経済が動くのですから、

すごい事です。

発表の内容次第で株価が変動するとまで言われている力ですから。

りんごの力は偉大です!!

 

そんなリンゴの季節にご紹介するお靴はこちらです。

 

 

これが、                      こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tricker’sのLadies CountryBootsをオールソールしました。

 

Tricker’sのLadiesをお直しする事が、最近多い気がしますね。

男性物とともに人気が高いのでしょうね。

しかも、女性物はかなりかわいい感じです。

ラウンド感もサイズが小さいため、より強調されますし。

うん。いい感じです!!

 

今回はレザーでソールを交換致しました。

前回紹介した、

http://www.konigdermeister.com/archives/1510

とは違い、ベルギーレザーを使ってオールソールです。

なかなか仕上げをしてしまったソールでは違いを見るのは難しいですが。

実際に履いて頂いたりすると、違いを実感して頂き易いかと思います。

 

また前回と違い今回のコバの仕上げは、染料ベースのインキ&ロウ仕様です。

こちらは明らかに光沢がありますので、分かり易い違いかと思います。

こちらの仕様の方が、底周りが引き締まって見えますね。

カチッとした服装に合わせて頂き安いかと思います。

 

コバの仕様だけを変更する事も可能ですので、

そういったご要望をお持ちの方もご相談頂ければと思います。

 

 

 

 

 

2012年09月13日 (木曜日) 21:08:02 by IdeeK

TRICKER’S祭り!!CountryBoots オールソール!

お晩です。

 

まだまだ暑い日が続いておりますねー。。

しかしながら、本日8月7日は立秋でございます。

暦の上では秋ですが・・・まあ真夏ですよね(笑)

 

 

そんな暑い毎日ですが、皆様は夏らしい事されていますか?

海水浴、プール、花火、お祭り等々あげればきりがないですが。

ここ数年はあまり夏らしい事をする前に、過ぎていたこの季節でしたが、

今年は出来ますかねえ・・・(もう既に8月も第2週なんですが・・)

 

あっ!!でも週末にBBQはしましたよ。うん。

夏らしいと言えば夏らしいですよね。

後、家の中で子供用プールに水を入れ、足を突っ込んで、

冷房ガンガン効かせて、シャンパンを頂きました!!

友人宅でしたので思いっきりパシャパシャとね。。

完全に酔っぱらいの勢いでやってしまった事ですが(笑)

これも夏らしいですよね!!うん。

 

これ以上熱でやられたおじさんの行動を露にするのは、

控えたいと思います。

 

本題へ参りましょう。

 

本日ご紹介するのは、こちらです。

 

これが、                 こんな感じです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tricker’s Country BootsのC-SHADEカラーをオールソール致しました。

実はこちらのブーツ、Burberry X Tricker’sのお靴でして。

ベロにはTricker’sのタグがついていて、

中敷にはBurberryの刻印が入っております。

 

そんなお靴をレザーでオールソールしましたが、

今回特に注目して頂きたい点が2点あります。

 

まずは本底に使用しておりますレザーなのですが。

こちらはイタリアの革を使用しております。

LAMONTIというタンナーさんの革なのです。

この名前を聞いてお分かりになる方は、通でございますね。

Tricker’sの純正でもこちらの革が使用されております。

弊社で通常使用しております本底はベルギー産のものですが、

こちらに比べると厚みもありますし、締まりもいいです。

やはりダブルソールにした時の重厚感が違いますね!!

 

このように弊社では幾つか用途や、ご要望に合わせて、

使用する底材を変える事が出来ます。

本日ご紹介したレザーソール以外にも数種類ご用意がありますので、

是非ともご来店頂き、その違いを見て、触って比べてみて下さいね。

 

もう一点は、サイドエッジ(コバ)の仕上げなのですが。

実はこちらも仕上がりは純正で使用されている仕上げ材を使用しております。

つま先か、踵部分をアップにした写真を参考にして頂けると、

分かり易いと思います。

 

お修理前の写真では、コバのお色が濃茶で、

艶の出方が違う事がお分かり頂けるとお思います。

実はこちらのお靴は以前にコバを純正のものから、

上記の仕様に変えさせて頂いておりました。

そのためウエルトのストームの部分の色と、

コバの色が違う事がお分かり頂けると思います。

 

お修理前のコバの仕様は、紳士靴に良く使用する方法で仕上げました。

コバを削って整えた後に、

染料ベース(少量顔料も入っております)のインキを入れます。

その後ロウで革の目を埋めていき、光沢を出していきます。

 

一方今回の仕上げは、

顔料ベースのインキ(ペースト)をコバに塗り込みます。

仕上がり写真のストームとコバの色を比べてみて頂くと、

違いがない事に気付いて頂けると思います。

 

通常の仕上げよりも、光沢感は出ませんが、

よりマットな仕上がりになります。

純正の雰囲気を戻されたい方にはお薦めですね。

 

勿論リフト交換のみや、お手入れでお持ち頂いたお客様でも、

ご要望頂ければコバを今回の仕様で整えます。

お気軽にご注文下さい!!

 

 

今回のようになるべくオリジナルに近づけるような、

材料、塗料、染料等を仕入れ、お客様の要望にお応えしております。

すべてが純正というのは難しいかもしれませんが、

なるべく近づけられるよう日々努力しております。

是非ともお客様のご要望をお聞かせ頂ければと思います!!

 

 

 

2012年08月07日 (火曜日) 22:13:47 by IdeeK

TRICKER’S祭り!!Monkey Bootsオールソール!②

お晩です。

 

夏本番。

寝苦しい熱帯夜が続いておりますね。

皆様はちゃんと睡眠とれておりますか?

 

以前ブログにも書いたかもしれませんが、

私寝る事に関して、あまり苦労した事がありません。。

ん??

なんか日本語がおかしいですかね?(笑)

まあ何が言いたいかと申しますと、

私ベットに入ると数秒で意識がなくなるんです。

本当なんですよねこれが。こってって感じで眠りについてます(笑)

なので熱帯夜だろうが、寒かろうが、横になると寝てしまいます。

子供かってくらいにね(笑)

 

しかし今皆様が寝不足なのは、熱帯夜だけのせいではないかもしれませんね〜

 

4年に1度の祭典ですからね!!

オリンピック!!!!

 

皆様見ていらっしゃいますか??

実は私はあまり見ていないんですよ。。。

テレビがですね。。。。

。。。。。。

 

なのでニュースの結果等で内容を知ったりする程度なんですが。

でも、男子サッカーのスペイン戦はスポーツバーで友人と見ましたよ!!

やっぱり熱くなりますね〜

勿論スポーツの内容も熱くなるんですが、

やはり日本の代表として戦うってところがね!!

特に日本の国家斉唱。う〜ん、しびれます!!

一度は胸に手をあてて、あれをピッチで聞きたいですね〜

 

 

さてさて、本題に参りますね。

前回からの続きです。

Tricker’s Monkey Bootsのオールソール、

プルトップの作製をご紹介してきましたが。

 

皆様もう一つご紹介したいお直しって、お分かりになりましたか??

 

前回までにご紹介した写真では分かり難いかもしれませんが、

特にヒール部分に注目してみて下さい。

 

はい。

 

 

 

いかがでしょう??

 

ヒントは、こちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

お分かりになりましたかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

実はぱかっと開いてしまっていたんです。

ウエルトが割れてしまい、

スクイ縫いの部分から底とアッパーが開いてしまっていました。

 

そうなんです。

もう一つのご紹介したかったお修理は”リウエルト”だったのです。

 

そのため底を外した時点で、スクイ縫いも解き、

ここまでの状態にしました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、新たなウエルトとスクイの糸で縫い合わせていったわけなんですが。。

すいません。実はスクイ縫いの作業から底付けまでを一気にやってしまい、

写真を撮り忘れてしまいました。反省。

 

せめて出来上がりのお写真で違いをご確認頂ければと。

 

 

これが、                こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

特に最後の写真では、

ウエルト部分の違いがはっきりと確認して頂けると思います。

 

ストームウエルトでリウエルトしたため、

かなりオリジナルに近い形でお直し出来たと思います。

写真であまり違いが分からないといって頂けたのであれば、

オリジナルに近づけてお直しした甲斐があったというものです(笑)

 

 

と、ここまでがこちらのお靴で紹介したかったお修理内容なのですが。

随分と長くなってしまいましたね。

お付き合い頂きまして、ありがとうございました!!

 

お祭りの第1弾からなかなか内容の濃いものをご紹介していきましたが、

今後もよりディープなTricker’s Worldをご紹介出来ればと思います。

 

次回も乞うご期待!!!

 

 

 

 

 

 

 

2012年08月01日 (水曜日) 19:04:56 by IdeeK

TRICKER’S祭り!!Monkey Boots オールソール!①

お晩です。

 

暑い日が続いておりますね。

皆様方は体調等崩されていませんか??

以前ブログでもお話ししましたが、

水分と塩分、ミネラル等、バランス良く摂取して、

この夏を健康に乗り切りましょう!!

 

こんな暑い日差しの中、

先日弊社に、友人でもあり、元?靴修理人のS氏が遊びに来てくれました。

彼は元々有名な靴修理店で働いておりまして、

現在は・・・フーリーランス・・・とお呼びすればいいですかね。

色々やられております(笑)

面白いアイデアをお持ちの方で、いつも刺激を頂いております。

 

本日は刺激以外にも、こちらを頂いてしまったのですが。

 

 

夏には欠かせない、ガーリガーリ君です!!

私、あまり甘いものは得意な方ではないのですが、

夏になるとこちらを身体が欲します!!

 

そんな事をS氏は恐らくご存知なかったと思いますが、

差し入れを頂きまして。嬉しい限りです。

S氏。本当にありがとうございます。

また近いうち飲みましょうね〜

 

 

ビールにガリガリ君・・

お世辞にもバランスがとれているとは申し上げられませんが・・・

まあ夏ですから(笑)

 

気を取り直して、お修理の紹介に参りましょう。

OOだってシリーズに終わりを告げ、

夏ですから”祭り”と参りましょう。

ここからはTricker’s祭りです。

前回はOOだってで水洗いしたTricker’sをご紹介しましたので、

http://www.konigdermeister.com/archives/1438

 

本日はこちらをご紹介です。

 

これが、                   こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tricker’sのMonkey BootsをCommandoソールでお直し致しました。

こちらのブログでご紹介するのは、初めてのソールですね。

イギリスのITSHIDEブランドを代表する製品の一つです。

登山用として用いられていたこちらのソールの機能が認められ、

軍用として用いられるようになったそうです。

Tricker’sのカントリーブーツや、

ご紹介のモンキーブーツに用いられているのも納得ですね!!

 

しかしながら今回のお修理はソールだけをご紹介するものではありません。

皆様お気付きですか?

上記の写真の左右を良くご覧下さい。

分かりますかね??

 

ないんですよ・・・

 

 

 

 

 

 

 

ね?

 

プルリングがないんです。

オリジナルでは布製のものがついていますが、

巻き込んで履いてしまったり、ぐいぐい引っ張ったりしているうちに、

ぶちッと切れてしまうんですよね。。

 

ですので、今回は布製でなく、革製で作ってみたんです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じにね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり縫い直しておりますし、

その縫い部分には革に裂け留めのテープが貼ってあります。

なかなかいいかんじでしょ?ギザギザがね(笑)

 

かなり長いブログになってしまいましたが、

まだ実はご紹介したい修理内容がこの靴には残されているのです。

 

皆様お分かりですか?

 

現在アップしているお写真ではちょっと分かり難いかもしれませんが、

そのお修理は次回に持ち越しますので、皆さん考えてみてくださいね!!

 

ではでは!!

2012年07月25日 (水曜日) 21:13:31 by IdeeK

TRICKER’Sだって水洗い&染抜き!!

お晩です。

 

なかなか更新出来ず、申し訳ありません。

気がつけば、汗ばむ陽気を通り越し、汗だくの夏に突入しております。。

朝出勤致しますと、既に滝のような汗が。。

7月でこの状態ですと、これからの夏が乗り切れるか心配です。

 

いきなり弱気な調子で投稿を始めてしまい、失礼致しました。

暑い夏には私の大好物が、本領を発揮する時期でございます!!

皆さん既にお分かりですよね(笑)

ブログ内でも何度も登場しております、、

 

グビっ・・・・

 

グビグビっ・・・・

 

 

と言えばです・・・

 

 

そうです!!

 

 

BEEEEEEEEEEEEEEEEEEER!!!!!

です。

 

汗だくで一日の仕事を終えて、一息ついた後の一杯。

至福の時でございます。

 

まあ寒い時期に頂くビールもまた格別ですし、

秋に美味しいものと頂くビールもまた、

春の花見で頂くビールも。。。。

結局一年中楽しんでいるようでございます(笑)

今年は美味しいビールを弊社の近くで飲めるお店を発見してしまい。

楽しみがまた一つ増えました!!

そのお店の事は、また後日!!

 

さて、本題に入りましょう。

 

ここ最近の流行を、引っ張って、OOだってシリーズを継続です。

本日は水洗いに、もう一工夫加えたお修理を紹介です!!

 

 

これが、                   こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日ご紹介致しますのは、TRICKER’Sの短靴修理です。

 

こちらのお靴はかなり履き込まれていまして、

つま先部分はウエルトと本底が”パカッ”と開いてしまっておりました。

そのため中板ごと交換してしまいます。

レザーダブルソールでオールソール交換です。

 

また、雨の日にも履かれていたようで、

アッパーにも染みが沢山できておりました。

そのため水洗いも追加して頂きました。

せっかくオールソールで、底を開けますので、

中まで綺麗に洗いまして、すっきりさせましょう。

 

と、ここまでは、今までご紹介したお修理とそこまで変わらないのです。

今回はここまででは、お修理が完了致しませんでした。

というもの、底を剥がし、水洗いしたところ、

ボール部の染みが落ちきらず、黒染みが薄ら残ってしまいました。

 

 

このままではアッパーまで綺麗になったと、

自信をもってお客様にお渡し出来ません。

そこで修理途中ではございましたが、お客様にお電話し、

事情を説明し、次なる一手を打たせて頂く事に!!

 

”染抜き”でございます。

 

頑固な汚れ、染み、等を溶剤を使い取り除くわけですが。

お分かりの通り、

革というものは色を染色したり、乗せたりして表情を作るものです。

そうしたお化粧を取り除き、染みを抜くわけですから、

簡単にはいきません。

抜く事ができても、その後他の部分と相違がでないよう、

お化粧し直さなければならないのです。

 

と、まあ色々難しさをアピールしてしまいましたが(笑)

本当に繊細で、気を使うお修理だと言う事はお分かり頂きたいかなと思いまして。

とりあえずは、結果をご覧頂きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがですかね??

左側のお写真では、黒染みが目立っていました。

その部分が肌色から白に近いところまで色を抜きました。

その後目立たないよう、色を入れ直した結果が右側になります。

水洗いも致しましたので、アッパーのしわも伸び、

革に張りが戻ったのがお分かり頂けると思います。

 

革は奥が深いです。

同じような染みでも水洗いで綺麗になることもあります。

また染みを抜いても、落ちきらない汚れもございます。

それでもなるべくお客様にご満足頂けるよう、日々挑戦しております!!

 

これは直らないよなって思われた靴でも、是非一度ご相談頂ければと思います。

 

まだ湿気が多く、水洗いのお修理も数多く頂いております。

しかし、そろそろOOだってシリーズは終わりにしようかなあっと・・・

次は・・・・乞うご期待!!

 

 

 

 

 

 

2012年07月13日 (金曜日) 21:46:10 by IdeeK

Tricker’s カスタム!

お晩です。

 


とうとう6月に突入しました。
2009年も半分が過ぎようとしています・・

早い、あっという間にここまできてしまいました。

湿気を肌で感じるようになってきましたね。
皆様はいかがお過ごしですか??

先日我が社のポストにこんなものが届いておりました!

そうなんです。

東京FM様から、以前オンエアーして頂いた番組のコピーを頂いたのです。
それも勿論嬉しいのですが、それ以上に興奮したのが写真も写っているもの。
そうCD-Rの上にあるTOKYO FMのステッカーでございます!!
ラブリーなハートマークがついているものなんですが、
うーーん。ヘヴィーリスナーとしては興奮するアイテムでございます。

既に店のどこに貼るかを悩んでおります(笑)

やっぱり一番目立つ扉のところですかね~・・・・

さてさて、本日ご紹介するのはこちらのお修理!!

これが、

IMG_0215.jpg

IMG_0217.jpg

IMG_0221.jpg

IMG_0222.jpg

IMG_0223.jpg

IMG_0224.jpg

 

こんな感じに!!

IMG_0225.jpg

IMG_0228.jpg




今回は前回ご紹介したTricker’sのダブルソールでのお直しに続き、
Tricker’sのカスタムのお直しです。

オリジナルは革のダブルソールでしたが、今回はお客様の用要望、
”ゴツイソールにしたい”を具現化してみました!!

使用したのはVibram#1100です。
タンクソールにしても、また雰囲気が変わりいいですよね。

だし縫いの糸もあえて白色にして、アクセントにしています。
このように、お客様の要望をなるべく反映出来るように、
日々努力しております。

是非お客様のお声を聞かせて頂ければと思っております!!

2009年06月06日 (土曜日) 23:37:50 by IdeeK

Tricker’s 復活!!

お晩です。

 


初夏の陽気にあふれる今日この頃、皆様はいかがお過ごしですかな??


こう天気がいいと外でバーベキューでもしたいですね~


太陽の光と、そよ風。
外の空気にふれながら、飲むビール・・・

またその方向に想像が・・・

プハーッといきたい!!!!!

明日はお休みですし、飲みに行こうかな~~

っと想像はこれくらいにして、お修理をご紹介。

今回はこちらの靴をお修理!!

 

これが、

IMG_0135.jpg

IMG_0138.jpg



 

こんな感じに!!

IMG_0162.jpg

IMG_0165.jpg

IMG_0170.jpg

IMG_0171.jpg

IMG_0172.jpg

今回はTricker’sを革のダブルソールでお修理しました。

ダブルソールとは、ウエルトと本底の間にミッドソールを入れる構造の事です。
底の厚みが増し、重厚感がでますよね。

今回はお修理前の段階で、
オリジナルのミッドソールまで削れてしまっていました。

真ん中に穴が見えていますが、本底に穴があき、
ミッドソールまで削れているのが分かると思います。

そのため今回はミッドソールから新しい革に交換してのお修理をお進めしました。

今回はオールソール以外にもアッパーの汚れがひどかったため、
水洗いの修理もさせて頂きました!!


汚れと古い靴クリーム等でアッパーが黒ずんでしまっていました。

これをジャバジャバ水洗いすると。。

ここまで汚れも落ちて、革のしなやかさも復活し、
光沢感も戻りました!!

さすがにアッパーのひび割れがおこってしまうとそれを元には戻せませんが、
そうなる前であれば、かなり良い状態まで戻す事が出来ると思います。

冬の間にがんがん履いたブーツやお靴たちを、
下駄箱に追いやる前に、一度リフレッシュさせてみてはいかがでしょうか??

2009年05月23日 (土曜日) 22:06:33 by IdeeK


ページトップへ戻る