König der Meister 渋谷 靴修理

ブーツ

ウェスタンブーツ ”ブーツ特集 第2弾”

お晩です。

 

 

本当に夜は冷え込むようになってきましたね。

皆様は風邪等ひいてないですか?

インフルエンザも猛威をふるっていますし、

体調管理をしっかり致しましょう!!

 

そんな私は朝、ベットから起き上がる事の大変さを痛感しております。

私はどうしてこんなに布団が好きなのか??

うーーん。

寝れないといっている友人の気持ちが全然分からないのです。

代わりに寝てあげたい・・・

どんだけ寝ても、まだ寝れる・・・

眠りのブラックホール・・・

人生のどの位を眠りに捧げるのであろうか??

うーーーん。

 

 

さてさて、私の悩みはさておき、本日はブーツ特集第二弾です!!

 

これが、

 

 

IMG_0683

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0684

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0685

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0687

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0688

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0689

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0690

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じに!!!

 

 

IMG_0774

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0775

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0776

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0779

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0781

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0782

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0783

 

 

 

 

 

 

 

今回はウェスタンブーツのお直しをご紹介!!

Vibram 2027でのハーフソールとvibram 5350でリフト交換しました。

 

つま先部の写真を見て頂ければ分かるように、

ウエルトのぎりぎりまで削れてしまっていました。

そのためだし縫いの糸をハーフソール部分までほどき、

つま先部分にはミッドソールの合成ゴムと本底の革をアタッチしました。

(アタッチとは削れている部分を斜めに足す事ですね。)

その後、ほどいた部分に再度だし縫いします。

そしてその糸を保護するようにハーフソールを貼りました。

 

 

IMG_0777

 

 

 

 

 

 

 

また踵部も積上げまで削れてしまっていましたが、

今回は積上げを交換するのではなく、革をアタッチしました。

その後vibramのリフトを貼りました。

 

 

IMG_0780

 

 

 

 

 

 

 

ご紹介したお修理は、底を全部取り替える事なく、

底の穴や、つま先、踵を補修した例です。

今回の場合はオールソールするよりもお値段を安くする事が出来ます。

アタッチした部分はどうしても斜めに足した継ぎ目が出来てしまいますが、

そこをうまく着色し、ロウで埋め、なるべく目立たないよう仕上げています。

 

底の穴等が空いてしまって、しかし底を取り替えるほどではないとお考えの人も、

是非ご相談頂ければと思います。

金額や仕上げ方法等、なるべくお客様のご要望に添える方法を提案して参りますので、

お気軽にご相談下さい。

 

よろしくお願い致します。

2009年10月27日 (火曜日) 23:55:08 by IdeeK

Dolce & Gabbana ブーツ ”ブーツ特集 第1弾”

お晩です。

 

本日は昼過ぎの雨で、気温もぐっと冷え込みましたね。

秋も深まり、そろそろ紅葉の時季ですかね〜

例年よりも早く色付いているようで、この寒さで色もぐっと濃くなりますかね。

 

こう寒くなってくると、やはり足下もあいつの時期ですね!!

 

えー。おっほん。う、うん。。。

 

 

お待たせ致しました!!

以前にお約束していた、ブーツ特集をこれからドドーンとアップしていきますね。

 

第1弾の今回はこちらをご紹介!!

 

IMG_0673

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0674

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0675

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0677

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0678

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0681

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じに!!

 

 

IMG_0744

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0745

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0746

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0747

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0748

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0749

 

 

 

 

 

 

第1弾はDolce & Gabbanaのブーツをお直し。

上記の写真でもお分かりの通り、今回のお靴は外側、内側にもカビが生えてしまっていました。

 

 

IMG_0676

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0679

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0680

 

 

 

 

 

 

 

そのためまずはカビ取りを施し、水洗いで綺麗に仕上げ磨きました!

 

IMG_0761

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0760

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0758

 

 

 

 

 

 

 

こうして靴が綺麗になったところで、今回はヒール部分も積み上げから交換しリフトをつけました。

 

IMG_0682

 

 

 

 

 

 

上記の写真で説明しますね。

以前にハンドソーンのところで説明したウエルトや本底等は憶えて頂けてますか??

よろしければこちらも参考に。

http://www.konigdermeister.com/archives/26

 

靴の足を入れる方からアッパー、ウエルト、本底、積上げ、トップリフトという順番に層になっています。

アッパーは足を包み込んでいる上部の革ですね。

ブーツでいくと足を入れる筒の方から足先までの部分を指します。

そしてそのアッパーと底をつなぐ役目がウエルトです。

そのウエルトと接着されているのが本底ですね。

ここまでは以前にもお話しした部分です。

 

そして今回お修理にあげた積み上げとは、本底とトップリフトの間に入っている部分です。

つまり皆さんがよく呼んでいらっしゃるヒールの部分ですね。

多くのお客様が木で出来ていると思われている部分なのですが、

実は革で出来ているものが多いのです。

本来は革を積上げているため、積み上げと呼ばれるのですが、

最近では革の粉を固めて成型したもの等も多く出回っています。

 

勿論木で出来たヒールもあります。

ゴムで成型されたものもあります。

スポンジ状になっているもの等、本当に様々なものがありますが、今回は革でした。

 

写真で見て頂ける通り、今回のお靴は積上げまでも削れてしまっていました。

そのため革の積上げごと交換してしまう事にしました。

ここまで説明すればトップリフトとは何の事かお気づきになりましたか?

 

そうです。トップリフトとはヒール部分の一番下についているもの。

皆様が日々歩かれる時に接地している部分の事です。

今回は革とゴムのコンビになっているものを使用しました。

 

 

IMG_0762

 

 

 

 

 

 

 

積上げのシェイプもしぼってあり、元の形に近い状態での仕上げです。

勿論トップリフトにはゴムだけのもや革だけのもの等様々あります。

是非一度ご来店頂き、数々のトップリフトを見比べてみて下さい。

 

さてさてブーツ特集第1弾はいかがでしたか?

これから第2、第3と続いていきますので、

乞うご期待!!!

2009年10月24日 (土曜日) 23:10:35 by IdeeK

七夕過ぎて・・

お晩です。


昨日は七夕でしたね~


都内では微妙な天気だったのですが、
星が見れたのですかね??


私は日付が変わるまで店舗に居ましたので、
7月7日の空は見れなかったのですが、
日付変わって8日のお月様は見れました!!


雲がかかっていてかなり綺麗でしたね。
うーん、幻想的でした。


ん?


・・・


私が月を見れたという事は星も見れたのでしょう。
ですよね?!?
そういう事にしておきましょう。

 


さてさて本日ご紹介するのはこちら。


IMG_0061.jpg

IMG_0063.jpg



 

こんな感じに!!





今回ご紹介するのは、黒のスエード、サイドジップのブーツです。

今までの革のオールソールと違う点が何点かあります。

まずはこの前底部分!!

元々は前底部分に、革のハーフソールが貼ってありました。
なるべく雰囲気を変えずに、なおかつ剥がれにくくするために。

今回はこうしてみました。

違いがお分かりになりますか?

今回は前底ハーフソール部分をヒドゥンチャンネル仕様にしました。

本底と一緒にハーフソールにもステッチがかかっていますが、
外観にはステッチが見えないので、雰囲気は変わりません。
勿論ステッチがかかってる分、剥がれにくくなっています。

もう一点は踵の仕上げですね。

元々の仕上げも、若干しぼった形になっていましたので、

これを変わらないようにしました。

コバの仕上げも粗い感じを残し、なるべく雰囲気を変えずに仕上げました。
これでまたガンガン履いて頂けると思います。

2009年07月08日 (水曜日) 23:57:27 by IdeeK

オンエアー♪

お晩です。

 


皆様、
16日の木曜日は80.0聞いて頂けましたかね??


何人かのお客様からはメールや連絡を頂きまして、
改めてラジオというメディアのもつ力を実感した次第でございます。

まずは東京FMのDiaryにでれた事を皆様に感謝致します。

番組のメインパーソナリティーであるchigusaさん、
番組にでるきっかけを頂いた古賀アナウンサー、
そしてDiaryに関わる東京FMの方々、

本当にありがとうございました!!

しかし本当に自分の声がラジオに流れるというのは不思議な感覚になりますね。
またちょっと恥ずかしい部分というのもあります。

しかも美声をお持ちのChigusaさんや古賀アナウンサーの声に挟まれてしまうと、
自分の声が何とも・・・

うーーん。。。

まあでも我がケーニッヒ・デア・マイスターの名が全国に流れたと思うと、
嬉しい気持ちでいっぱいですね。

これからもより一層頑張ろうという気持ちになりました!!

久しぶりに修理例もアップしますね。

本日ご紹介するのはこちら!!

IMG_0770.jpg

IMG_0772.jpg

IMG_0777.jpg

IMG_0778.jpg

 

こんな感じに!!!

IMG_0782.jpg

IMG_0784.jpg

IMG_0788.jpg

IMG_0789.jpg

今回のお修理はVibram 1100でオールソールです。

前底部分が劣化してしまっていたため、

IMG_0780.jpg

中板をつけて修理致しました。

IMG_0792.jpg

なるべく雰囲気を変えずに修理しました。

ヒール部分も若干しぼってあったので、同じような仕様にしました。

しぼるとはヒールの形状がアッパーに近い上の方から、
地面に設置する下の方にいくにつれて、細くなっていく感じですね。
テーパーをつけるとか、テーパードとか色々な言い方をしますね。

こんな仕様にもなるべく対応していこうと、日々努力しております。

修理に大事なお靴をお持ちの際は、
なるべく多くの要望をお聞かせ下さい。

出来る範囲で、それにお答え出来るよう相談にのりますので。
本当に些細な事でもお話し頂ければと思います!!

2009年04月18日 (土曜日) 22:19:35 by IdeeK

クレープ&革!!

お晩です。

 


1月に入り、本当に寒い日が続きますね。

足下から底冷えする感じですね~

そんな時には靴の中敷にも保温効果のあるものなどで、
末端から冷えるのを少しでも防いでみてはいかがでしょうか??

本日ご紹介するのはこんな修理です。

これが、、

IMG_0736.jpg

IMG_0737.jpg

IMG_0739.jpg

IMG_0740.jpg

IMG_0741.jpg

IMG_0742.jpg

IMG_0743.jpg

 

こんな感じに!!

IMG_0745.jpg

IMG_0747.jpg

IMG_0746.jpg

IMG_0748.jpg

IMG_0749.jpg

IMG_0750.jpg

IMG_0751.jpg

今回の修理はクレープソールでのオールソールでした。

少し変わっている点と言えば、つま先部分ですかね。

オリジナルの状態でもそうなのですが、
つま先の部分のみ革のソールがついています。

皆さんも経験があるかもしれませんが、
靴のつま先が摩れて、アッパーの革が傷ついてしまったりとか!!

特に最近の女性靴は本底が薄いので、
アッパーに穴が空いてしまったりとかする靴もありますよね。

クレープ(生ゴム)部分に比べるとやはり革の方が摩耗に強いですからね。
そうした意味も含めて、今回の使用は実用性にも長けている訳ですね。

今回はオールソールでのお直しでしたが、
つま先部分だけを合成ゴム、革でお直しする事も可能です。

上に例をあげたように、女性の靴でアッパーに穴が空いてしまった物でも、
補修する事も出来ると思います。

是非一度ご相談頂ければと思います。

2009年01月16日 (金曜日) 23:20:08 by IdeeK

おぉーるそぉーる!!ぱーと2

お晩です。

 


本日ご紹介するのは、
Vibram丸ポイント(Vibram #2055)でのオールソールです。

以前ご紹介した本革でのオールソールと違い、
合成ゴムのソールをつける形です!!

 

これが

IMG_0253.jpg

IMG_0256.jpg

IMG_0259.jpg

IMG_0262.jpg

 


こんな感じに!!

IMG_0389.jpg

IMG_0391.jpg

IMG_0394

 

 

 

 

 

IMG_0397.jpg

今回はマッケ縫いの糸の部分から本底が切れてしまっていたので、
オールソールでお直しさせて頂きました。

既に4ー5年履かれているそうで、汚れもたまってしまっていました。

今回もサドルソープで水洗いし、手入れを行いました。

アッパーの状態もかなりよく、目立つ傷もなかったので、
ソール交換と手入れでもう2-3年は履いて頂けるんじゃないかと思います。

 

皆さんのお気に入りの靴もリフレッシュさせてみませんか??

2008年09月06日 (土曜日) 19:52:20 by IdeeK

亜熱帯・・・

お晩です。

 


最近の東京は本当に異常気象ですね。


スコールのように突然雨が降ったと思えば、次の瞬間には日差しがでたりと。。
本当に亜熱帯地域の気候に近づいているような気が。

まだまだ暑いようですし、皆様も体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

本日はVibramソールのV27でのお修理を紹介致します。

 

これが、

IMG_0231.jpg

IMG_0232.jpg

IMG_0234.jpg

IMG_0238.jpg

 

こんな感じに!!

IMG_0322.jpg

IMG_0417.jpg

IMG_0418.jpg

IMG_0421.jpg

今回はソール部分が剥がれてしまっていました。

特に中板や、ウェルトが傷んでいる状態ではありませんでした。
そのため今回はだし縫いの糸を外し、中板はオリジナルを利用しました。

再度だし縫いをかけ、ソールと接着致しました。

まだまだアッパーは綺麗な状態です。

これでまたバランスよく歩いて頂けると思います。

2008年09月05日 (金曜日) 20:18:46 by IdeeK


ページトップへ戻る