König der Meister 渋谷 靴修理

お修理日記

J.M.Weston 180 Signature Lofar レザーソール交換!!

お晩です。

 

今回もインスタグラムに修理例をアップ致しました。

是非下記のリンクから飛んで頂き、いいね、フォローをして頂ければ幸いです。

 

よろしくお願い致します。

ケーニッヒ・デア・マイスターのインスタグラム

 

 

2017年08月26日 (土曜日) 20:54:15 by IdeeK

Edward Green Duke vibramハーフソール!!

皆様、お晩です。

 

久しぶりの書き込みとなります。

最近はインスタグラムに、簡単ではありますが修理例を挙げております。

 

これからはこちらでもお知らせしていこうと思っております。

是非のぞいていって下さい

 

よろしくお願い致します。

ケーニッヒ・デア・マイスターのインスタ

2017年08月12日 (土曜日) 20:08:56 by IdeeK

All About 第2弾!!

お晩です。

 

気温もかなり温かくなり、上着無しでも日中過ごす事が出来るまでになりましたね。

花粉もかなり飛んでいるみたいですが、

私は例年通り、”気持ち”で負けないように気合いを入れております(笑)

 

そんな春の陽気な4月末に、弊社はまたまた紹介して頂きました!!

 

表題にもございます、『All About』に、吉祥寺店を紹介して頂きました。

勿論取材をして頂いたのは、紳士靴ガイドとして執筆されている、飯野高広先生です!!

飯野先生には何度も弊社のブログにも登場して頂いてますね。

 

何故私が先生とお呼びしているか等々は、弊社のブログを読み返してみて下さい。

かなり初期の方にご登場頂いてますので!!

 

さてさて掲載して頂いた実際の記事はこちらですね。

 

吉祥寺に支店が誕生!ケーニッヒ・デア・マイスター

http://allabout.co.jp/gm/gc/441930/

 

先生、この度も本当にお世話になりました。

ありがとうございます。

 

皆様も是非一度見てみて下さい。

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年04月26日 (土曜日) 22:46:18 by IdeeK

HERMES スエードギリーパンプス ハーフソール&リフト交換

おばんです。

 

本日はなかなか荒れた空模様でしたね〜

関東地方では最大瞬間風速が18mという、非常に強い風が吹き、

激しい雨なんかが降ってましたからね〜

 

そんなお足下の悪い中ご来店頂いたお客様、

本当にありがとうございます。

無事にお帰りになられた事を信じて。。

 

皆様は大丈夫でしたかね?

こんな日に限って足下にお気に入りの一足をなんて方がいましたら、

是非とも早めに靴から水分を取り除くようにして下さい。

それでも染みや色落ち等が見られてしまった場合は、

是非とも早めにご相談頂ければと思います。

 

こんな話をしておきながら、本日ご紹介するのは,

水洗いやクリーニングでなく、こちらの修理(笑)

 

これが、                    こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、HERMESのスエードギリーパンプスです。

ちょっと古い型になるのですかね?

現行にあるギリーパンプスに比べても、少しマニッシュな仕様ですね。

しかしながら、この色のスエードをコンビネーションで合わせたり、

紐先タッセルのデティール等、さすがHERMESだなーと関心するところが山盛りです!!

 

 

 

 

 

 

 

Vibramエクスプロージョン柄ハーフソール&リフト交換のお修理でしたが、

今回特に注意して頂きたい点は2点です。

 

まずはリフト交換のお修理!!

踵部分に寄っている写真に注目して頂きたいのですが、

もともとついていたリフトは革とゴムがコンビになっているものでした。

しかもかなり薄いものですね。恐らく3mm位しかないリフトになります。

 

今回お選び頂いたvibramエクスプロージョン柄のリフトは7mm位の厚みがあるものです。

この場合はオリジナルのヒールハイト(高さ)になるよう、

リフトを外した後、ヒールを削り合わせます。

今回の場合は4mm位ヒールを削って、調整致しました。

 

仕上がり的にはゴムの見える部分が増えますが、

耐久性とクッション性は向上致しました。

勿論元々の仕様でもお直しは可能ですが、今回はオリジナルの見た目よりも、

機能を優先したお修理となりました!!

 

次に注目して頂きたいのはつま先部分!!

既に履かれたお靴でしたので、本底が削れてしまい、

ウエルトに達する一歩手前という状態でした。

 

そのため元の高さに戻るよう、革をアタッチします。

その後ハーフソールを貼る事により、

つま先の厚みも元通りです。

インクとロウを屈指し、なるべくアタッチ部分が目立たないよう加工します。

いかがでしょうかね??

 

勿論いつも通りハーフソールと本底の切り返し面もスムースになるように加工です!!

 

 

 

 

 

 

 

お修理にはなるべくオリジナルに近づけるものから、機能を優先するもの、

カスタムを施し、新たなイメージに一新するものまで様々です。

 

是非ともお客様のご要望をお聞かせ下さい。

可能な限りイメージに近いお修理方法をご提案して参ります!!

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

 

よろしくお願い致します!!

 

 

 

 

 

2014年03月14日 (金曜日) 01:21:29 by IdeeK

WWD “東京マニアック”

おばんです。

 

本日は弊社をご紹介頂いた雑誌について、

ちょこっと語りたいと。

 

 

載せて頂いた雑誌はこちら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑誌WWD ”ファッショニスタ100人が案内する 東京マニアック”というテーマ

 

こちらにケーニッヒ・デア・マイスター渋谷本店をご紹介頂きました。

 

 

ご紹介頂いたのはuntlim代表の小塚 源大様です。

素敵なコメントと共に、この度はご紹介頂きまして、

誠にありがとうございます!!

 

こちらの雑誌は靴修理や洋服のお直し、クリーニングの他にも、

様々な切り口で魅力的なお店が紹介されております!!

東京マニアックガイドと言うだけあり、MAPがついていて、

渋谷だけでも本当に多くのお店が載っております。

 

是非こちらをご覧頂きながら、マニアックな東京を散策してみて下さい!!

2014年03月12日 (水曜日) 21:52:37 by IdeeK

REGAL & BEDWIN AND THE HEARTBREAKERS Collaboration Model コマンドクラブソール交換!!

おばんです。

 

”立春”

冬と春の分かれる節目の日である『節分』の翌日で「寒さがあけて春に入る日」であります。

ところが昨日の暖かさと一変、本日は本当に寒い一日となりましたねー。

雪もちらつき、冬らしい一日となりました。

15時の気温が昨日と比べて15度もあったそうです。

まだまだ春を迎えるには時間がかかりそうですが、

気分は暖かな春を夢見て。。。

 

そんな春気分ご紹介するのはこちらです。

 

これが、                      こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回お修理したのはREGAL&BEDWIN AND THE HEARTBREAKERS Collaboration Modelの

チャッカーブーツです。

大きめのアイレット(ハトメ)が印象的で、一番上のものだけ色違いと、

細部にまでこだわった一品になります。

もともとはクレープ素材のフラットソール仕様になります。

 

お客様のご希望は、べたつくクレープ素材をゴム素材に交換されたいとの事でした。

また通常の黒、茶系の色でないものをとおっしゃられたので、こちらをお薦め致しました!!

 

ITSHIDEブランドのCommando CLUBソールです。

以前はこちらでCommandoソールはご紹介致しましたが、

http://www.konigdermeister.com/archives/1464

今回はクラブでございます。

 

お色はブルーを選択して頂きましたが、

その他にもイエロー、オレンジ、グリーンと、

かなりカラフルなラインナップを揃えております。

 

お靴がステッチダウン製法で、ミッドソールは薄いクレープ素材のものでした。

この部分のべたつきも気にされるのであれば、

ミッドソールも交換出来たのですが、

今回はオリジナルの出し糸を残されたいとの事でした。

 

そのためフラットソールを除去し、

ミッドソールにCommando CLUBソールを貼る仕様でお直し致しました。

ヒールもセパレイト仕様で、今後のお修理が容易に出来るカタチです。

バランスをとるため白色のEVAでヒールを成型し、

最後にトップリフトを接着してコバを整えて完成です!!

 

カラフルなソールを使用する事により、

オリジナルの印象からはかなり変わった仕様となりました。

ヒールやミッドソールの色を変えてもまた違った雰囲気になるかと思います。

 

皆様も春に向けて足下をカラフルにカスタムしてみてはいかがでしょうか??

 

 

 

 

2014年02月05日 (水曜日) 01:58:18 by IdeeK

Red Wing Irish Setter Vibram4014 ソール交換!!

こんにちは!!

 

この時期&時間に記事をアップするのは初めてではないでしょうか??

と、言いますのも、12月31日に仕事場にいるのが初めてだからなんですが(笑)

 

そうです。

ケーニッヒ・デア・マイスター吉祥寺店は本日も営業しております。

本日はアトレ吉祥寺が変則的な営業時間ですので、

弊社もそれに準じております。

営業時間は10:00~19:00となります。ご注意下さい!!

 

詳細はこちら、

 

アトレ吉祥寺

本館1階 2番街

デフリシュール(セレクトショップ内に工房が設置されております)

〒180-0003

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24

アトレ吉祥寺14040

デフリシュールアトレ吉祥寺店内

TEL:0422-22-1484

 

もしくはこちらをご覧下さい。

http://www.konigdermeister.com/kichijoji

*一部更新途中ですので、予めご了承下さい。

 

よろしくお願い致します。

 

棚卸しをしながらの、営業なのですが、

吉祥寺は渋谷に比べるとスペースも限られているため、

置いてある材料もそこまで多くありません。

ということで、ブログを更新しようかなと思い立ちました!!

 

さてさてすっかり2013年も最終日となってしまいましたね。

本年度最後のお修理紹介ですので、

何にしようかと悩んでおりましたが、

吉祥寺からの更新ですし、こちらで問い合わせの多いものにしようと思います。

 

こちらが、                    こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はRed Wing Irish Setter 9016をvibram4014でソール交換致しました。

吉祥寺ではRed Wingのご相談を数多く頂きます。

特に本日ご紹介したミッドソールを厚くする仕様はご質問を沢山頂いております。

 

通常のIrish Setterはウエルトに3.5mm厚の合成ゴムミッドソールを合わせ縫っております。

こちらの合成ゴムもvibram4014と同じお色のものでご用意はありますが、

今回のお修理ではミッドソールをレザーのものに交換致しました。

レザーのミッドソールを3.5mm + 4.5mm貼り合わせ、出し縫いで縫っております。

 

その後vibram4014を貼り、コバを整えて完成です。

コバの仕様もオリジナルに近いラフな形でお直ししております。

そのため、ボリュームはでておりますが、

そこまでイメージを大きく変える事無くお修理出来たかと思います。

 

こちらの仕様は弊社でも数多くやらせて頂いているものになります。

勿論なるべくオリジナルに近いように、

合成ゴムのミッドソールで交換する事も可能ですし、

vibram700ソールでのお直しもご希望される方は多いですね!!

 

来年はちょっと足回りから換えていきたいと思っていらっしゃいましたら、

是非とも一度ご相談頂ければと思っております。

 

来年は今年以上にお修理日記を更新する事を目標に、頑張ります!!

 

吉祥寺店は冬期休暇を頂きます。

詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.konigdermeister.com/archives/1869

 

また渋谷本店はこちらの通りです。

http://www.konigdermeister.com/archives/1871

 

よろしくお願い致します。

 

2013年12月31日 (火曜日) 16:25:53 by IdeeK

SARTOREブーツ vibramハーフソール修理!!

おばんです。

 

あっという間に2013年10月も最後の週末となりました。

2013年も残すところ2ヶ月となりましたが、

皆様やり残した事はございませんか??

今の内に今年目標にしていたことを思い出してみてはいかがでしょうか?

まだ間に合うかもしれませんよ(笑)

 

そういう私は、何を目標に掲げたかさえ思い出せない状態ですから。。

ブログの記事を読み返してみましたが。。。。

。。。。。。。。。。

 

っさ!!気を取り直して!!

 

ケーニッヒ・デア・マイスター吉祥寺店も、

オープンから2ヶ月が経とうとしております。

気候も秋冬モードになって参りまして、

朝晩の空気ががひんやりしてきましたね。

皆様の足下も段々ブーツに変わって来ていらっしゃるのではないでしょうか?

 

ケーニッヒ・デア・マイスターでもブーツのお修理が増えてきております。

 

ですので、本日はこちらのお修理をご紹介!!

 

こちらが、                こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのは、SARTOREブーツのハーフソール修理になります。

 

SARTOREはフランスのシューズブランドになります。

とてもスタイリッシュなデザインのお靴を多く生み出しているブランドで、

特に乗馬ブーツは有名ですね。

弊社でもよくお修理させて頂くのですが、

やはりアッパーに使われている革は目を引きますね〜

うーん。綺麗です!!

 

今回は前底半分にゴムを貼る、

ハーフソール修理をご紹介です。

前回、ルブタンのお靴でもご紹介致しましたが、

今回はvibramのラインハーフソールを使用しました。

 

こちらのソールはライン状に溝が切ってありまして、

グリップ力にも優れたものになります。

vibramのロゴマークやラインのデザインが気にならないお客様には、

お薦めしているソールの一つです。

 

ソールの種類が変わっても勿論、なるべく雰囲気を変えず、

機能を向上させられればと思ってお修理しております。

 

今回は新品のお靴にハーフソールを貼ったため、

コバ周りの削りも十分に注意しながら、仕上げました!!

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか??

 

新品のお靴ををお買い上げ頂いた際には、

アッパーのメインテナンスから、底周りのお修理まで、

是非ケーニッヒ・デア・マイスターにご相談下さい!!

 

渋谷、吉祥寺、どちらの店舗でも皆様のご来店をお待ちしております!!

*吉祥寺店はアトレ吉祥寺、デフリシュール店内併設ショップになります!!

 

アトレ吉祥寺

本館1階 2番街

デフリシュール(セレクトショップ内に工房が設置されております)

〒180-0003

東京都武蔵野市吉祥寺南町1−1−24

アトレ吉祥寺14040

デフリシュールアトレ吉祥寺店内

TEL:0422-22-1484

 

 

よろしくお願い致します!!

2013年10月27日 (日曜日) 19:25:38 by IdeeK

Red Wing ENGINEER BOOTS Vibram4014ソール交換!!

おばんです。

 

本日は久しぶりにお修理日記を更新したいと思います。

よろしくお願い致します。

 

まずは近況報告でございます。

吉祥寺店もオープンから1ヶ月と半分くらいが経ちました。

私は相変わらず渋谷と吉祥寺を行ったり来たりではありますが、

ばたばたしたなかにも、充実感を感じております。

 

少しづつ外観も整って参りまして、

お客様にも認知して頂けるようになりました。

より多くの方に知って頂くため、

これからも積極的にアップデートしていきたいと思います。

 

最新の吉祥寺店はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

ロゴマークや値段表もガラスに描かれまして、

 

 

 

 

 

 

通路側にはイーゼルも設置です!!

 

 

 

 

 

 

通路からはちょっと中に入り込んでいますが、

そこは是非とも勇気を出して檻の中をのぞいて行って下さい。

大丈夫です。噛み付きませんから(笑)

 

まあ冗談はさておき、

お近くに来られる方は是非一声かけて頂ければと思います。

 

詳細を改めて載せておきますね。

 

アトレ吉祥寺

本館1階 2番街

デフリシュール(セレクトショップ内に工房が設置されております)

〒180-0003

東京都武蔵野市吉祥寺南町1−1−24

アトレ吉祥寺14040

デフリシュールアトレ吉祥寺店内

TEL:0422-22-1484

 

よろしくお願い致します。

 

では本日のお修理に参りたいと思います。

気温もかなり過ごし安い時期になって参りました。

そんな時にはこうしたお修理が増える頃でございます。

 

そのお修理とは。。。こちらです。

 

 

これが、                 こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



本日の1足はRed Wing ENGINEER BOOTSのソール交換修理です。

 

今回使用したソールの種類はVibram4014ソールで、

中板をレザーで交換させて頂きました。

 

元々がソールとヒールに分かれている仕様のお靴ですが、

最近はこのようにワンピースの仕様に変えられる方が多い気がします。

 

今回は軽量化がお客様の一番のご希望でした。

そのためvibram2021、2060のスポンジや今回使用したソールをお薦めしました。

 

ソールの色が明るくなるだけでも、随分軽くなったイメージが出ますね!!

またウエルトと中板を縫い合わせているアウトステッチも、

今回は白色をチョイスされました。

 

 

 

 

 

 

こちらもかなりイメージを変える事が出来たと思います。

 

もちろん素材自身の重量を軽くする事もそうですが、

見た目やイメージで軽さを出す事も非常に重要だと思います。

 

そんなところ。。。

っと思われながちな部分まで是非ともこだわってお修理されてみて下さい。

出来上がりの違いをきっと感じて頂けると思いますので。

 

これからどんどん日が傾くのが早くなり、

こうしたブーツの出番が増えてくる頃だと思います。

ソールをちらっと見て頂いて、踵やつま先の状態を確認して頂き、

修理が必要な場合は是非”こんなところ。。。”にこだわってみて下さい!!

 

ENGINEER BOOTSでは過去にこんなカスタムもおこなっております。

参考にしてみて下さい。

 

http://www.konigdermeister.com/archives/582

http://www.konigdermeister.com/archives/702

 

この他に色々なソールや仕様でお客様のご希望に添うお修理をご提案させて頂きます。

お修理を考えられているならば、是非ともケーニッヒ・デア・マイスターにご相談を!!

 

これからのケーニッヒ・デア・マイスターは渋谷本店と共に、

吉祥寺店もよろしくお願い致します。

2013年10月17日 (木曜日) 21:36:05 by IdeeK

Christian Louboutin 赤色ハーフソール 第2弾!!

お晩です。

 

前回梅雨入りをお伝えし、既に何日も猛暑日が続いている今日この頃。。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

猛暑日にならなくとも、じわじわ汗が出てくるこの季節。

そうなればあれが美味しくなる季節です(笑)

この更新の遅いブログを前から見て頂いている皆様はお分かりですよね?

 

泡が美味しいあの飲み物もそうなんですが、

こちらでも紹介している↓

http://www.konigdermeister.com/archives/1464

そうです。ガリガリ君です!!

 

しかも今年は去年とはひと味違います。

何故なら、発見してしまったからです。

何を??って。

こちらをです。

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです。ガリガリ君ならぬ、

シャリシャリ君です!!!!!!!!

 

早速頂いてみたのですが、

ガリガリ君がガッツり氷というイメージですと、

シャリシャリ君はその氷をかき氷にしたイメージですね。

ふわっとした口当たりの中に、時々訪れるシャリっとした食感。。

うーん、堪りません(笑)

 

暑く、身体がだるい時には特に効きますね!!

皆様にとって、夏と言えばこれ!!みたいなものはございますかね?

 

夏と言えば、弊社ではサンダルや短靴がやはり増える時期なんですが、

今年はペニーローファーが多いですかね〜

街中でもよく見かけますからね。

なんで今回ご紹介するのは、、、

っといきたいところなんですが、今回はこちらを先に紹介させて下さい!!

 

 

こちらが、                     こんな感じに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は女性物のChristian Louboutinをご紹介したので、

赤のハーフソールは女性だけのものじゃないと言わんばかりに男性物です(笑)

Christian Louboutinのタッセルローファーにハーフソールを貼りました!!

 

タッセルローファーのお修理もペニーローファーに次ぐ常連様です。

アッパーのタッセルをお直しする事も多いですし、

底を新たにされる方も沢山いらっしゃいますね〜

 

今回皆様にお見せしたかったのは、前回との仕上がりの差です。

どの辺が違うかお分かり頂けますかね?

 

こちらのお写真を見て頂けると分かり易いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

女性物のハーフソールを貼る場合は、

出来るだけ薄い底の雰囲気を変えないようにお貼りしているとお伝えしました。

今回の男性物の場合も勿論雰囲気を損なわないように貼る事は大前提なのですが、

底面のコバの形状に注目して頂きたいのです。

コバに”爪”という部分があるお靴なのです。

コバを仕上げる時に革の加工で出来るものなのですが、

ただ平らなコバと違い、

底面に近い部分が1mm位突起しているのがお分かりになると思います。

その突起こそが”爪”なのです。

 

せっかくこうした細部にまでこだわった仕様なのですから、

ハーフソールを貼るときにもそれを活かして貼るべきだと思っております。

ですので、1mmの突起を傷つけないよう注意して、

底面を荒らし、接着し、仕上げるのです!!

 

その分、女性物よりもコバの部分で見えるソールの範囲は広いかもしれませんが、

男性物であればそれもまたいい主張になっていると思います。

 

たかが1mmの突起かもしれませんが、

作り手にとっては重要なこだわり部分だと思うのです。

だからこそその部分を尊重したい訳なのであります!!

 

 

2013年07月22日 (月曜日) 20:57:46 by IdeeK


ページトップへ戻る