König der Meister 渋谷 靴修理

お修理日記, ブーツ, メンズ修理

C-DIEM (カルペディエム)ブーツ ”ブーツ特集 第6弾”

お晩です。

 

えー。おっほん。

 

皆様。

 

 

Fröhliche Weihnachten!!

 

メリークリスマスです。

とうとうこんな時期ですね。

しかも既に23時をまわってしまっております。。

しかしながらなるべく多くのお客様の靴を年内にお渡しするため、

本日も靴と格闘でございます。

今年のクリスマスも靴まみれのクリスマスでした(笑)

 

皆さんはどんなクリスマスでしたかね?

やっぱりチキン??

 

さてさてこんなおめでたい日のお修理は、

 

こちら。                                  こんな感じに!!

 

IMG_1338IMG_1349

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1339IMG_1359

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1340IMG_1360

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1343IMG_1362

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1344IMG_1363

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1345IMG_1364

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1346IMG_1365

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1347IMG_1366

 

 

 

 

 

 

 

今回はC-DIEM (カルペディエム)のレースアップブーツのお直しです。

レザーハーフソールと革の積上げ&ラスター台付きの革ゴムリフトを使用しました。

レザーハーフソール部分は、元々付いていた部分に穴が空いてしまって、

本底まで達してしまっていました。

そこで古いソールを剥がし、新たなハーフソールを接着しました。

コバの雰囲気もなるべく崩さぬよう仕上げ、底面のネイルも忠実に再現してみました。

 

 

IMG_1341IMG_1351

 

 

 

 

 

 

また積上げ部分もかなり磨り減ってしまい、本底部分に達する勢いでした。

そこで、今回は積上げごと交換しました。

オリジナルではトップリフト部分も革でしたが、今回はラスター台付き革ゴムリフトでお直ししました。

 

 

IMG_1348IMG_1357

 

 

 

 

 

 

 

C-DIEMの靴は、履き込む事によってアッパーやコバの雰囲気がでてきますよね。

今回のブーツなんかも、履き込んでいたため、いい感じに毛が起っていました。

しかし、お客様はもう少しオイルをいれて、しっとりした靴に戻したいとの事でした。

 

そこで今回はアッパーにもオイルを入れました。

そうする事で、革に栄養、水分が浸透し、色のトーンも暗くなりました。

それをふまえて、コバの部分も色のトーンを濃くして仕上げました。

 

またこちらのブーツを履き込んでいけば、オイルが抜けて、

アッパーもコバの雰囲気も変わると思います。

 

これこそ靴を”育てる”という履き方の出来る一品ですね。

私も一足欲しくなってしまいました(笑)

今作成に入っているブーツもオイルレザーを使いますので、

育てられる靴にしていきたいと思います!!!!!

2009年12月25日 (金曜日) 23:52:35 by IdeeK

コメント


ページトップへ戻る