König der Meister 渋谷 靴修理

お修理日記, パンプス, レディース修理

Christian Louboutin 赤色ハーフソール!!

お晩です。

 

春めいて来ましたと、前回の更新でお伝えし。。

既に春は過ぎ、梅雨入りする時期となってしまいました。

 

お修理で頂く靴もブーツから短靴、サンダルへと言いたいところのですが、

皆様しっかりと考えて頂いているようで。

ブーツ等の冬物をしまう前にメインテナンス、

クリーニングに持ち込まれるお客様も沢山いらっしゃいます。

 

これからの日本は湿気が多い時期になります。

冬の間に履いた大切なお靴をしまわれる前に、

是非一度ご相談頂ければと思います。

 

と、ここまで書いておきながら、

やはり時期的にはこうしたお靴を紹介したいですね(笑)

 

とある5月の一日。。。

 

 

 

 

 

 

ラックの上にはずらっと並んだお靴達。

真っ赤な”お鼻”ではなく”ソール”お靴といえば。。。

 

そうです。

 

こちらのお靴が、             このように!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様ご存知のChristian Loubouinにハーフソールを貼る修理をご紹介です。

 

最近のパンプスやミュール、サンダル等の底は、

本当に薄く仕上げられております。

そのため数回履いただけでつま先が削れてしまった、

なんて経験をお持ちの方も少なくないかと。

 

そこで新品でお履きになる前に、ハーフソールを貼って、

底面を保護される方も沢山いらっしゃいます。

弊社としてもよりお靴を長くお楽しみ頂くために、

お薦めする修理の一つです。

 

ハーフソールをお貼りする時に弊社では幾つか気をつけている点があります。

上記にある写真の左右を比べてみて頂きたいのですが。

つま先からのお写真以外では、

そんなに違いが無いように見えますでしょうか?

 

勿論素材が元の革からゴムをお貼りしているので違うのですが、

それでもなるべく元の形を変えないよう、

華奢なお靴の雰囲気を変えないよう、注意してお貼りしております。

 

それは最後の写真で見て頂ければ分かるように、

革とゴムの境目にも、段差が出ないようにお貼りしているのです。

 

せっかく華奢に美しく作られたお靴ですから、

ただ色だけ赤のソールを使用するだけでなく、

なるべく雰囲気を変えずに、機能性を向上させられればいいなと、

日々努力しております。

 

赤以外にもグレーや青等幾つかソールのお色もご用意しております。

是非とも一度弊社のハーフソール修理をお試し頂ければと思います!!

 

しかしながら、デザインとは過激かつ刺激的なものですね。。

 

 

 

 

2013年05月31日 (金曜日) 21:01:33 by IdeeK

コメント


ページトップへ戻る