König der Meister 渋谷 靴修理

お修理日記, パンプス, レディース修理

Salvatore Ferragamo ハーフソール修理!!

お晩です。

 

先日、暑い日が続くと書いたばかりなのですが。

本日は秋らしく、過ごし安い一日でしたね〜

 

 

今年は本当に暑い夏でしたね〜・・・

っと夏を振り返ってみていたら、

すっかり皆様にお伝えするとお約束していたものを忘れている事に気付きました。

 

申し訳ありません。

 

それはですね。夏休みにゲットしたこれです!!

 

 

IMG_2391IMG_2392IMG_2393IMG_2393

 

じゃじゃじゃ〜ん。

 

そうです。この夏にゲットしたのは、靴を並べるラックです。

修理を待つ靴、糊の乾燥を待つ靴、インクの乾きを待つ靴、等等、、、

靴を修理する上では上記のように”待つ”という過程が多々あります。

ですので、こうしたラックに載せておけると作業効率がぐんッとアップするわけです。

 

 

こんな感じにね!!

 

IMG_2394

 

 

 

 

 

 

 

実はこのラック、元々は錆も酷く、そのまま使える状態ではなかったので。

夏休みには錆を落として、ペンキを塗って・・・やっと使える状態になったのです。

と、まあこんな事を夏休みにはしておりました〜

ラック以外にもゲットしたものがありますので、それは追々・・・

 

 

さあさあ、本日もお修理をご紹介!!

最近男物のブーツばっかりだったので、本日はこちらを!!

 

 

これが、                      こんな感じに!!

 

 

IMG_2540IMG_2547

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2541IMG_2548

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2543IMG_2549

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2544IMG_2550

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2545IMG_2551

 

 

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのは,Salvatore Ferragamoのパンプスに、

ハーフソールを貼るお修理です。

 

最近の女性ものの本底には、とても薄い革が使用されています。

こうしたお靴にはハーフソールを貼る事により、保ちを良くする事が出来ます。

また、革の本底の場合とてもつるつるに底が仕上げられています。

そうした底は滑り易いため、ハーフソールを新品に貼るお客様も少なくありません!!

 

今回も新品のパンプスに貼らせて頂きました。

 

ハーフソールを貼る場合には、まず底面のつるつる面を削り、

ゴムと革が接着し易いよう仕上げられた面を取り除きます。

その後、ゴムと革の境目に段差がでないよう底面とゴムに加工します!!

 

そしてゴムと革に接着剤を塗布し、乾かします。(ラックの出番です!!)

乾いたものをヒーターで温め、接着します。

その後コバ周りをトリミングし、グラインダーで仕上げます。

グラインダーとは、ゴム等を削るヤスリが機械で回っているものです。

修理屋さんでグイン、グインいっている大きな機械がそれですね。

 

その後コバにロウを入れ、整えて完了です!!

 

以下に段差なく仕上げるかがハーフソールを貼る上での注意点ですね〜

 

 

IMG_2546IMG_2552

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じにですね〜!!

スムーズに段差がないと、元々ついていたみたいでしょ??

 

なかなか女性もののお修理はその場でお渡ししてしまったり、

お預かりする時間が短いため、写真におさめる事が難しいのですが。

男性物ばっかりでは、そんな修理ばっかりやっているのでは?

と、思われている方も多いと思い、載せてみました。

 

勿論女性ものもお修理しています。

いつでもお気軽にご来店、ご相談下さいね!!

 

 

よろしくお願い致します。

2010年09月15日 (水曜日) 23:18:58 by IdeeK

コメント


ページトップへ戻る